忍者ブログ
参加中の定期更新ゲーに関してだらだらと。 現在参加中:DK3、FI、ED
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SummerVacation 昼の部

さまばけ昼の部。
つづきに格納。
遺跡外、すみかの前。
ここでソウマ達4人は皆水着に軽い着衣を羽織った格好で何やら準備をしていた。

「さてと…皆準備いいか~?」
「大丈夫~」
「ばっちり~!」
「おっけーだよ~」

一馬の声に三者三様の返事が返ってくる。

「それじゃ、行くとするかッ」
「「「おー!」」」

季節は夏。
この日は、島の夏の祭りの日だった。


【”Summer Vacation”】


「うわぁ~、相変わらず凄い人の数だなぁ…」
「だねぇ~」
「つーかこの島、こんなに人がいたのか」
「すっごいねぇ…」

4人は浜辺に着くと同時に感嘆の声を上げていた。
既に大量の人で埋め尽くされている。

「あ~、とりあえず、場所確保するか」
「いい場所見つかるかなぁ…?」
「あ、蒼真くん、あっちの方まだあいてるみたいだよッ?」
「ユーナちゃんでかしたッ!急げ急げ~」

ひとまず場所を確保しに行こうとする。
―と、

「ソウマさん、ユーナちゃん、七海ちゃん!」

よく知った声に呼ばれた3人はそちらを振り向く。

「ゆうかちゃんだー、ゆうかちゃんも海?」
「うん。もう水着着てるんだー?」
「そうだよー。」
「あ、えっと…そちらは」

優歌は一馬のほうを向く。
色々あってこの二人は初対面であった。

「ん、俺?」
「はい。一馬さんですか?」
「そう。初めまして。よろしくな」
「こちらこそ、あ、えっと、私の弟の空翔です。ユーナちゃん以外は初対面、ですよね?」
「そうだねー」
「初めまして、よろしくね」
「初めまして。」

簡単に挨拶を済ませる。
と、ここで優歌が口を開く。

「私たちちょっと水着借りてくるから、一緒に遊ぼう?」
「もちろん!じゃあ、パラソル借りて待ってるねー!」
「よろしく!」

そう行って優歌は、空翔を引っ張って海の家のほうへ向かった。

「さて、それじゃ僕らも行ってこようか」
「あ、は~いッ♪」
「待って~、私も私もッ!あ、カズ兄ぃは荷物よろしくね~」
「え!?あ、ちょ、待っ―…って、もう行ったか」

1人ぽつんと残される一馬。

「しゃーない、とりあえず場所確保しとくか…」

そういって、全員分の荷物を抱え、目的の場所をとりにいった。

―――――

一方、ソウマ達はパラソルを借りに海の家まで歩いていた。
と、

「ねぇねぇ蒼真くん、あれなんだろ~?」
「ん?」

そちらには何やら凄い人だかりが出来ている。

「なんだろう、ちょっと行ってみようッ」
「あ、七海ちゃん…しょうがない、ユーナいってみよう」
「うんッ♪」

3人は人だかりの方へ近づく、その近くには何故か大量のスイカが用意してあった。

「わっ、スイカ割り大会!?」
「すご~いっ!すいかいっぱ~い!!」
「へぇ、こんな大掛かりなのは初めて見たかも」
「うん…あれ?なんかあそこ、人が埋まってない…?」
「え?…あ、ホントだ…って、あの人ちょっと前に合成の依頼受けた人だ」
「…あ、ホントだ~、なにやってるんだろう?」
.o(きっと罰ゲームか何かなんだろうな…)
「ま、まぁ、とりあえず、一馬君も待ってるし、早くパラソルとか借りに行こう」
「う~、スイカは名残惜しいけど…うん、行こうッ」
「え?あ、う、うん」

そうして、3人は当の目的を果たしに行ったのだった。

―――――

「ごめんごめん、ちょっと遅くなっちゃった~」
「一馬君、お待たせ、大丈夫…じゃなさそうだね(汗」
「あ゛ち゛ぃ゛~、えらい時間かかってたんだな…」
「えへへ~」

数分後、一馬が確保しておいた場所に3人は戻ってきた。
一馬は既に暑さでうだっているようだ。

「とりあえず、パラソルたてよっか」
「そうだね、ほら、カズ兄ぃどいてどいて~」
「七海ちゃん、そこまでしなくても…」
「いいのいいの~♪」
.o(あんまりよくなさそうだけど…(汗))

そう言っている間にもパラソルを立ておわる。

「よし、こんなもんでいいかな?」
「あ、あれゆうかちゃんたちじゃない?優歌ちゃん、こっちこっちー」
「おまたせー」

無事優歌たちも合流し、荷物を置いてホッと一息つく。
と、ユーナと七海は立ち上がり両脇から優歌の腕を掴む。

「よーし、じゃあ、泳ごう(泳ごっか)!」」
「よーし、泳ごう泳ごう!ポー、荷物番お願いねー」
『はい。楽しんでらしてください』
「俺も残るわ。いってらっしゃい。」

一馬とポーがパラソルに残り、他5人は連れ立って海へ向かう。
ユーナと七海は当然のごとくトップギアではしゃぎ、それに続いて優歌、更に後ろにソウマと空翔が続いている。
と、最後尾の2人が何やらしゃべっている。

「うーん、相変わらず元気だなぁ…」
「…そう、ですね。あんな元気な優歌も珍しいけど」
「…そう?前のときもあんな感じだったけどなー…。」
「……そうなんですか」
「「何してるのー、二人とも!」」

突然声を掛けられる2人。
更に、

「……、あ。クウト君、蒼真君ー、そこから二人でここまで競争ー!」

七海の心底楽しそうな鶴の一声が上がった。

「え」
「え」

「よーし、頑張れ」
「蒼真くん頑張ってー」

かくして、ソウマと空翔の競争が始まった。

拍手

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール

HN:
御月 蒼真
性別:
男性
ブログ内検索

アルカナ

最新コメント

[11/28 眉毛犬]
[11/28 眉毛犬]
[08/11 ルチル(1441)]
[08/09 悪代官@ソフィ(906)]
[05/03 ソウマ(847)PL]
最新トラックバック

バーコード

カウンター

アクセス解析